女性ホルモンだしてモテる女性に!

    女性ホルモンだしてモテる女性に!

    いつも美しくありたいと思い続けると、女性ホルモンが分泌されるようです。心で感じたり頭で考えることは、体に影響を与えます。

    女性ホルモンは卵胞ホルモンとも言われ、妊娠や生理にかかわるほか、女性らしい体や顔などにも作用されます。

  • 女性ホルモンアップのために

    十分な睡眠時間、適度な運動、リラックスした時間を持つことも大事です。
    小説を読んだり、映画を見て何かに感動することや、ゆっくり入浴したり、お花の香りをかいだり、自分が気持ちいいなと思える感覚を大事にすることが大切です。
    女らしくエレガントなものは苦手という女性も多く、ファッションもカジュアルなものでないと受けつけない人もいます。
    しかし、そんな人のふとしたしぐさや言葉使いに女性らしさを感じることがありますが、それは、その人から女性ホルモンが順調に分泌されているからです。

  • 女性ホルモンだしてモテる女性に!

    女性ホルモンをアップするための具体的な方法

    ・バラやスイセンなど、お気に入りの香りがする花を飾ると気持ちがやわらぎます。
    ・香りのアロマバスに入浴したり、好きな香りのハーブティーを飲むなどすると、リラックスします。
    ・何んといっても恋愛して心がときめくことです。片思いや、映画の中の人物に恋心を抱くだけでも十分です。
    ・自分を鏡で見て、美しいと思い込むだけでもホルモンが分泌されます。
    「美しくない?」自分の顔や体を鏡に映し、美しいと思うのはほんの一握りの人たちで、ほとんどの人はため息をついているのではないでしょうか。しかし、あきらめずにお手入れをして、シワやシミが薄くなったり、くすんだ顔色の透明感が出てくると「私って、もしかしてキレイかも?」と思えてきます。この感情が女性ホルモンを分泌さすのです。
    ・簡単なツボ押しやマッサージも効果的です。
    万能のツボともいえる頭のてっぺんにある百会を押したり、手の親指と人差し指の間の合谷を押したり、足の裏の真ん中あたりにある湧泉を押すだけでも血流が良くなり、ホルモンの分泌が良くなります。
    ・食生活も大事です。食品ではイソフラボンを多く含む大豆製品やエストロゲンを多く含むゴマ、大豆、、プルーン、山芋などがおすすめです。

  • まとめ

    上手に気分転換をはかれる人はホルモンの分泌のバランスが良いようです。
    女性ホルモンをアップしてモテる女性になるには、日常生活の中で常に「素敵でいよう、美しくいよう」といった意識を持つことです。

    また、自分なりの気分転換の方法を幾つか持っておくとよいようです。